2013年11月02日

北京の青空

China sky E28 03.jpg
GXR A12 with Elmarit28/f2.8@北京 五道营胡同

先月、北京を離れ、日本へ戻りました。
やれやれ… やっと落ちついた。
バタバタの一ヶ月間だったなぁ…

11月の声を訊き、
そろそろ胡同にも練炭の香りが漂い始めた頃だろうか。
PM2.5がどーたらこーたらとカシマしい昨今、
練炭は、ずいぶんと虐げられた扱いを受けているけれど、
冬の北京に漂う練炭の香りが、年々薄くなっていくのは、少し寂しい。

熱源として、特に冬に多く用いられる練炭は、
昨今の大気汚染の大きな原因のような言われ方もするけれど、
「煤改電」の政策により10年前からすれば格段に電化が進んでいる今も
汚染の進行が止まらないということは、元凶は他にあるはずなのである。
練炭の香りが漂う胡同の街並をどんどんぶち壊して、
わけの分からんビルだの施設だのをニョキニョキとおっ建てておきながら
大気汚染の問題はちっとも改善に向かわないわけだから、
このあたりで一つ、練炭の使用については、
もう少し温情を持って見てやっても良いのではなかろうかと思う。
まぁ、環境に良くはないってことは確かなんだけど。


北京にだって、青空はよく似合う。
冬の北京で青空を拝むってのは、はなかなか難しいけれど、
またいつか、青空の下、凍てつく胡同の路地を
練炭の香りを嗅ぎながら、ブラブラと歩いてみたい。



posted by 玉青 at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | Landscape | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつでもおいでよ
Posted by from KKB 的 K at 2013年11月03日 17:30
あっそれから。
今日の北京は快晴だぜ!
Posted by from KKB 的 K at 2013年11月03日 17:32
ご無沙汰です。
貴兄の禁酒も、もうじき開けるころかと思います。
僕の酒瓶がまだあちこちの店に残っていると思いますが
遠慮は要りませんので、片っ端から飲み干してしまってください。
再びお邪魔することがあれば、その際は貴兄の酒瓶を漁ります。
Posted by 玉青 at 2013年11月03日 22:54
最近アップが無いなあと思っていたら、帰国されていたんですねえ。
私は当分大陸暮らしが続きそうです。
私も以前仕事がらみで北京に行った際には必ず胡同
に訪れていました。でも、ほとんど夜ね。
そんで、適当になクラブで音楽聴きながらチビチビやってました。
北京のバンドは上海よりレベルが高いですよね。
Posted by 武 at 2013年11月07日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379231900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック